スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポジション調整後の愛宕山

2008.04.29 (Tue)
atago0429.jpg


ジロ・デ・イタリアの再放送を見終わった 午前11時過ぎから北山公園へ
内原駅までのアップも含めて 22㎞程走った。
日曜日にサドルを上げて初の登りだったわけだけど かなり楽・・・

ただ使う筋肉が違うのでそこが問題

昼食後 再び走り始めた

今度は誤魔化しがきかない 愛宕山へ
前回のクラブ練と同じ入り口から登り始める

ハイカーなどに挨拶しながら 「ゼハッ ゼハッ」息を吐きながら登った
タイム計測をしていないので実際の所はわからないがやっぱり少し楽かも

勝手ながら南口からの山岳カテゴリーは2級
10㎞/hを切る区間もなく ダンシングを使わなくても登っていける坂

個人的にはダンシングをうまく使いながら加速していくと登坂タイムを
縮められそうだ。
ケイデンスは75~90程度でした。


本日の体脂肪率 9.4%
運動した事で 何とか9%台維持
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nejimakisan.blog96.fc2.com/tb.php/64-3b07a828
トラックバック
コメント
山岳カテゴリー2級ってどのくらいなんですか?
写真を見るとかなり登っていますよねー。
ALPS見たら,短い距離でかなりの標高登りますね。
僕には無理かな~?

ほんだ | 2008.04.29 19:43 | 編集
やすさんへ
このコースは龍泉院入口から最初の左コーナーまで直登、ここをスムーズにこなせ
ればその先は勾配の緩急に合わせて行けば良い感じで登れます。私の場合はこ
のコースを3~5回連続で登ります。神社表側は下りの於けるコーナリングスキル
アップと高速ダウンヒル練習としています。下りでの事故例を何件も知っておりま
す、神社表側でのオーバースピードは大変危険ですのでご忠告申し上げます。

一回ごとにテーマを決めてトライアルされることをお薦めします。登坂能力向上に
チャレンジするのも一つの楽しみかと存じます。まずは「後安全に」が最優先かと。

ほんださんへ
2級と言ってもピンと来ないかもしれません。R349側から花貫ダムへの登りより
少しきつい程度だと思って貰えば。その他だと同じくR349側からの猪ノ鼻峠の最
初の急勾配区間。太田方面にいかれる機会が有れば茅根から高鈴ゴルフ場まで
の登り(約5Km)、長いですがこれだと2級クラスかと。チャレンジしては如何。

追伸
やすさんへお詫び
先の書き込みに於いてお名前を「ヤス」さんとしてしまいました。正しくは「やす」さ
んだったのですね。大変失礼しました。自転車仲間の一人に「ヤス」さんがいてそ
の方のつもりで「ヤス」さんとしてしまいました。m(_ _)m
MaCoyTiger | 2008.04.29 21:03 | 編集
ご忠告ありがとうございます
自分は神社表側は下りは怖くてスピードを出せないですね 
ゼブラ上の路面も関係していますが

今日はGWというのもあり 愛宕山山頂付近の駐車場は人であふれていました
当然、上り下りの車も多くより注意して走りました

周回路としても検討しています。ただ今日は補給を持たずに来たので
一度だけ登って帰りました。
とても効率の悪い体でして、熱として消費されてしまいます。
余裕を持って登れるような体に鍛えたいと思ってます
ヤス | 2008.04.29 22:03 | 編集
>山岳カテゴリー2級ってどのくらいなんですか?
登ってみた感じというか・・・ 難しいですね

ほんださんでも登れると思いますよ
MaCoyTigerさんが書かれていますが 最初の左コーナーまでが結構勾配がきついです
後は上に行くにつれて 勾配が緩くなっていきます。
山岳2級としてますが 登りやすい坂だと思います
ヤス | 2008.04.29 22:03 | 編集
4級 常時20㎞/h以上で走れる坂(25㎞を越えて走れるようだと無級)

3級 常時15㎞/h以上で走れる坂でインナーロー(36-25を使わない)

2級 常時10㎞/h以上で走れる坂でインナーローを使うがダンシング無しでも登れる坂

1級 10㎞/h以下になってしまう区間がありダンシングを使っても苦しく ギアが
もう一枚欲しいと思う劇坂(足を着いてしまう可能性がある)

こんな感じでしょうか ほんださん
あくまで個人的なもので 本人の実力が上がれば 坂のカテゴリーが下がります
あと自分は基本 シッティングで登るタイプです。
ヤス | 2008.04.29 23:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。