2007 ハーフセンチュリーいばらき その3

2007.11.04 (Sun)
第二山岳ポイントが終わったと思っていたら 少し下って直ぐに登りがやってきた
そういえばここは二段坂だったと思い出す

前の坂で集団を置き去りにしてきてしまったので回りに誰もいなくなり 安心して
走りながら補給をとる事ができた。

補給を摂りながらゆっくり登っていたら 前から人が落ちてきてかなり苦しそうだった

その後 一気に下って平坦路へ
誰もいなくなり 数㎞一人旅・・・

平坦路が終わりにさしかかった頃 後ろから数人の集団に抜かれる
この集団には 最初の坂で世話になった男女のペアがいて 再び後ろに
つかせてもらった。

そのままずっと走り続け 今大会唯一のチェックポイント HOT SPARに到着

10分位休んだのかな・・・ 時計を気にせず走っていたので覚えていない

膝をみたら相変わらず血が少し出ていたが ティッシュで軽く拭き取って
走り出した。

この後は、本日のメインイベントの「こまねぎ峠」が待っている

その前に那珂川に掛かる御前山橋手前にてゼッケン「1番」「2番」さんを抜く
「日頃の不摂生が~」と叫んでいた。これから山なのにね・・・
番号が番号だけに目立つな・・・ 急いで参加登録するのは止めようと誓う

山に入った直後の坂がALPSLABのデータ上では大したことがなかったが
実際には結構な勾配だった。
登り切って少し走っていたら左太ももに違和感 また攣ってしまった
立ち止まり 少しストレッチをして再スタート。 数分止まっていたと思う

この後、緩やかな坂が続き「こまねぎ峠」へ


峠の入り口は今までの道と違って 車一台が通れる程度の道幅しかなかった
警戒していたので、ゆっくり登っていたが いつになってもきつい坂にならない

思っていたより実際は楽な峠だった。実際、峠区間に入ってからローギアを使わなかった
(登っている最中にギアが余っていることに気づく)

足が攣って止まっている間に抜かされた人は この区間でほとんど抜き返した

峠付近がデータ上では60㎞地点 峠を越えて走行時間が3時間を切っていたら
4時間を切れると思い 11時51分にアラームを設定しておいた。

下りにさしかかってもまだ アラームは鳴らず これで4時間が切れると確信した。

あとはほぼ平坦・・・いや やっぱり小さなアップダウンの繰り返しと大桂大橋渡りトンネルを
くぐった後にあった急な丘

ここで4人抜いたが 登り切る直前で太腿から「ピキッ」っていう嫌な音がなった
今度こそ平坦・・・いや

ゴール手前2㎞くらいに また丘・・・ 勾配はきつく無いが路面状態が悪い
ここで数人抜き去る

「やっと平坦だ~」と思ったら 思いっきり向かい風だった

那珂市運動公園に入り 受付まで数十メートルのところで・・・
右ふくらはぎが「ベキッ」とという音と共に激しく攣る。
ここでまた3分位動けなくなる 情けないが受付まで自転車を押してゴールした。

タイムは3時間51分 落車しなければ10分以上は縮められたかなと思ったが
82㎞という距離を今まで走ったことが無いことの方が辛かった

来年は3時間半切りで・・・
hc07.jpg
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://nejimakisan.blog96.fc2.com/tb.php/61-60f3a099
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top