スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルクライム再考

2009.04.13 (Mon)
今まで坂を上るとき 自分は余程の事がない限り ずっとシッティングのままだった

先月末に合宿で行われた加波山TTでも最初から最後までシッティング・・・

今シーズン 昨年と比べてクランクを回す脚の回転力が落ちている
平地で105がベースだったのに100を保つのがやっとの状況

これはもちろん山でもそうで、ケイデンス計を見る度にため息が出る
回転力が落ちると脚への負担が増す。 無理に回すと心肺の限界を向かえてしまう

そういうこともあって 最近、ダンシングを多用するようになった。多用といっても
他人と比べれば少ないと思うが

今までダンシングが少なすぎた ダンシングをすることで、昨日の愛宕山ではタイムを
短縮することが出来たし

この不調を契機にもっと効率が良い走りが出来れば最高なのだが
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://nejimakisan.blog96.fc2.com/tb.php/176-e6eff779
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。