スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理の続き

2009.10.31 (Sat)
どうも風邪気味のようで 今日は自転車に乗りませんでした。
別に自転車に乗っても乗らなくてもPCの修理をしなければならなかったのですが
先日の敗戦後の続きです

色々 疑っていくうちにキーボード自体が怪しくなってきました。
試しにknoppixというUSBメモリやCD・DVDなどから起動できるLinuxを試したところ
こちらでも同じような現象が確認できました。
そして特定のキーを押すと決まった現象が発生することが確認できました。
(押さなくてもTABキーは 時々反応するみたいですが・・・)

キーボードの故障でよくあるのは 特定キーが押しっぱなしになったり 反応しなくなったり
ですが 複数のキーで しかもSHIFTやHOMEキーなど 単独のキーを押しただけで別のキーも
反応するというのは初めての経験でした。

そこで思い切って ノートPCのキーボードを外したら 症状は無くなりました
shuri01.jpg

今後の対処として ノートPCのキーボード交換が考えられますが
キーボード本体ではなく制御している基盤の方が壊れている可能性も否定できないので
難しいところです。
一番 お安く済むのは 内部にあるキーボードのコネクタを外したままにし
外付けキーボードを買って 利用するという手段です。

あまりお金を掛けても 最近は5万も出せば本体が買えてしまう時代ですから
勿体ないですよね。

ちなみ今回の工賃は5000円頂くことにしました。
一番大変なのは不具合の原因を調べることです
分かってしまえば 後は費用の問題だけで 直すのは難しくありません

疲れました・・・
スポンサーサイト
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。