ニルス練130602

2013.06.02 (Sun)

2013年6月2日に行われたニルス練のルートです。


6月23日に行われる「ツールドつくば2013」に向けた練習になっているので
筑波山へと向かいました。

裏不動から筑波スカイライン、そしてつつじヶ丘

nils130602-1.jpg

湯袋峠を経由して帰ってきました。

行きは追い風 スカイラインは横風が強く
帰りは向かい風基調でした・・・

3週連続(実質的には4週連続)のニルス練
だいぶ慣れてきましたが やっぱり疲れます・・・
スポンサーサイト

ニルス練130526

2013.05.27 (Mon)
先週、約一年ぶりに復帰したニルス練

一度、ニルス練から遠のくと中々復帰できない理由が下のようなルートを平然と
走るからではないかと思ったりするわけです・・・



一年ぶりに走るのに 今まで何事もなかったようにチームで走っている自分も変な気もしますが
久し振りに来た私を受け入れてくれる事には感謝しております。
(そのかわり容赦がないですが・・・)

天気は薄曇りで、日差しが強くなかったので朝から走りやすかったです。
ただ梅雨入りが近いこともあって若干蒸し暑かったですね。

因みに加波山と言えば「5kmタイムトライアル」がお馴染みでして
今回は27分09秒という・・・
どうしようもないタイムでございました。

前半は、思っている以上に軽く回せて走れていたのに 中盤以降勾配が増すに連れて
どんどんケイデンスが落ちてしまいました。

まず、タイムをだそうなんて気持ちが始からなかったのが
一番の原因です・・・ 何しろ始からインナーローに入れっぱなしでしたから

どうしても1年ぶりに加波山を登ると「帰る」事を考えます。
TTだから力を出し切りたい気持ちもあるのですが。
家まで25kmあると考えると・・・
(以前、帰るのにものすごく苦労したことがあるのです)

今回、最後に登った八郷側からの道祖神峠は
登前から足が攣っており 頂上まで行くのに死ぬ思いをしました。

ニルス練120603

2012.06.06 (Wed)
前日までの天気予報では雨・・・
流石に今日は朝練がないかな~と毎度6時半に起きてみたところ
山は霧でもやっているけど 雨が降りそうな感じではありませんでした。

今シーズン4度目のニルス練参加
今日のコースもおなじみ愛宕山周辺ヒルクライム

もうルートラボで紹介しなくてもいいかな~と思うけど一応


1度目の登り長沢は いつもより入りがハイペース
久し振りにあったスコットさんがペースを上げていて 付いていくのを諦めました。
はっきり言って、自分の場合は他人のペースで登るより
マイペースで登った方が断然速いです。

登坂前の時点で先を行っているチーム員から目測で30秒程差を付けられていましたが
じりじり詰めて中盤くらいで抜くことが出来ました。
途中で抜いたM女史に「呼吸していない?」
って言われて 確かに呼吸が浅いかな~と思ったり

あとM女史は後ろから見ているとフォームが綺麗だなと思いました。
自分なんて上体がぶれていて なんか無理矢理力で踏み込んでいる感じです
あの無理のない感じで走るにはどうしたらいいんでしょうかね?

とにかく5本登のは分かっているので どの山も飛ばさずじっくりこなしていきました。
最後の二回目の長沢ではM女史「もっと呼吸しろ」って叫ばれたり

今回そういうシチュエーションがあるのも登坂中盤で必ず後ろから抜いていっているからなんですがね
nagasawa003.jpg


店長曰く「地脚がついてきたね~」とのこと
確かに最後まで垂れることなく走ることが出来るようになってきました。
練習プロテインのおかげでしょうか・・・

竜巻被害で開催が危ぶまれた「ツールドつくば」も決行されることになり。
練習モチベーションもアップ中です。

さて来週はニルスでツーリングに出掛けるそうです
私めは仕事がありまして っていうか金曜日に休みを取って
ライブに行くので参加できません。
休みを変更すれば良いじゃんって簡単に言いますけど
無理ですw

逃げてみました

2012.05.30 (Wed)
昨日の記事の続きです。
27日のニルス練
本当の意味で全力を出して走ったのは下記のコース


昨日のルートラボ上だと約40km地点からの逃げ
交差点を曲がったら 丁度良いくらいの勾配だったので思いっきりダンシングをして
逃げをうってみました。

そしたらですね一人だけこのアタックにすんなりと付いてきた人がいたわけです・・・
こっちは全力なワケですよ

確認したら ニルスの実質的エースのKOBA585GOさんでして
あ~彼なら余裕で付いてくるよな~と・・・orz

付いてきたら付いてきたらで もう本格的な逃げが始まるわけですワケですよ
止めるわけには行かないんですよね

自分一人だったら平坦区間にて余裕で追いつかれるわけですが
彼の後ろをついて行けば40km/hくらいで走れる・・・

もう一年近く 平坦で高速巡航なんてやってないから
それでも辛くて辛くてw まあ約5kmの地獄でした

逃げが終わった理由は パンクのトラブル関係で先行していたメンバーに
追いついたからなんですがね

実際は逃げというより 第一追走ってのが本当のところでした
でもここがゴールだと思えば逃げ切れたわけで ちょっとした
達成感はありました。

逃げの相方のKOBA585GOさんは余裕そうでしたが
(流石JCRCのSクラスなだけはあります)


ニルス練120527

2012.05.29 (Tue)
三週連続でニルス練に参加です。

今回の目的地は加波山
数ヶ月ぶりに参加している自分が言うのもなんですが
初めて一緒に走るメンバーが 普段あまり自転車に乗っていない方のようで
加波山に向かうのが不安でした・・・

コースは以下のとおりです。


加波山・・・ 名前を聞いただけで登りたくなくなる山です。
個人的にはおそらく2年くらいは登っていないのは間違いなく
震災後は近寄りもしませんでした。

でも ここ最近は随分とトレーニングしているので そこそこ登れるだろうとは
思っていました。 始からとばすきなんて無く
ゆっくりマイペースで登ってゆきました。

なんか思っていたより 緩いな~と
RFX8で登るのも初めてですし こんな感じだっけ?と違和感を感じながら
追い込むこともなく登坂終了・・・
タイムは25分50秒

登る前にメンバーの方に「どの位で登るんですか?」と聞かれたので
「25分くらいじゃないかな」と答えておきました。

自分が思ったとおりのタイムだったので的中です。
おそらく攻めの走りをすれば23分台くらいは出るんじゃないでしょうか?

今回の登坂で加波山に対する苦手意識が無くなりました。
IMAG0247.jpg




back-to-top